カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ビョークが離英

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビョークが離英

ビョークってまだイギリスに住んでたんですね。
イギリスは国民性のレベルで嫉妬深いんでしょうか…。
そう考えざるをえないほどのタブロイドに「寛容な」国民でしょ?

ビョーク、セレブ生活&ファンからの脅迫に疲れ英国を離れる

プライベートを大切にする彼女にとって、有名人へのマスコミ攻撃が激しい英国は不向きだったようだ。
加えて、妄想にとらわれたファンから爆弾脅迫があり「英国を離れるときがきた」と実感したという。

「イギリスには3年住んだわ。
あそこでは私、Aクラスのセレブだった。
うぬぼれて聞こえるかもしれないけど、本当よ。
外国人としては光栄だったわね。
彼らの社会で役目を担ったみたい。
“我々が注目し観察する人物になってくれますか?”って感じでね。
でも、そういうの好きになれなかったのよ。
もし私が息を吸ったら、10万人が一緒に同じことをするんじゃないかって思ったの。
ジョン・レノン、デヴィッド・ボウイ、ベッカム夫妻……、みんな英国を離れたのは偶然じゃないと思うわ。
みんな、我慢できなくなるのよ。
だから“光栄です。でも興味ないわ”って言って、スペインへ移ったの」

フロリダに住むリカルド・ロペスは'96年、ビョークを殺害するため酸性爆弾を製作し、その過程、および自殺する場面をビデオに収めた。

彼は自殺前、爆弾を入れた手紙をビョーク宛に郵送したが、それはビデオを見た警察により配達途中に押収されている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://thegossip.blog93.fc2.com/tb.php/189-c42d2778

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。