カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポーツ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ

入営通知が届いたので軍役をこなすことに決めたんだそうで。
徴兵を回避しようと思えばできるのに、彼はあえて行くんですねえ。
まあ、公益勤務という兵役の代替なんだそうですが、活動が制限されるのは変わらないですからねえ。

チェ・ホンマン、21日電撃軍入隊…過去最大・最強の軍人誕生
K-1スター、チェ・ホンマン(28)の軍入隊が電撃決定した。ぜい肉などどこにも見あたらないひきしまった体(218センチ、160キロ)のチェ・ホンマンは。21日、江原道原州(カンウォンド・ウォンジュ)にある陸軍第36歩兵師団新兵訓練所に入所する。チェは5月19日まで4週間、軍事訓練を受けた後、公益勤務(代替兵役の一種。公益機関に勤める)を行う。
チェ・ホンマンに先月、兵務庁から入営通知書が届いた。悩んだあげく彼は、入営延期はせず身辺整理をしてきた。そのため13日“K-1ワールドグランプリ横浜”にも出場しなかった。
チェ・ホンマンは満19歳だった1999年、身体検査で4級(公益要員)判定を受けている。現行兵役法は入隊前に再検査を受けることができないように規定、チェ・ホンマンに対する兵務判定は10年間変わらなかった。
チェ・ホンマンは今年の末、ワールドグランプリファイナル4強進出を目標に掲げた。彼は東亜大学大学院に学籍を置いているため、制度的には来年初めまで入営を延期することもできた。しかし今年初め、チェ・ホンマンはK-1主催でFEGを通じて来年入隊を発表した。そのため活動にさまざまな制約を受けた。海外の大会に出場する度に、興行査証をとらなければならなかったほか、リュック・ベッソン監督が制作する映画『トランスポーター3』の出演オファーも受け入れることができなかった
そんな渦中、入営通知書が届き、入隊を決意した。チェ・ホンマンはK-1と昨年から来年まで3年契約しているが、軍服務期間については自動延長となる。
チェ・ホンマンは以前から「入営通知書が来たら軍隊に行く」と公言してきた。何カ月延ばすより「ムチも早いうちに打たれてしまった方がいい」という戦略を選択した。チェ・ホンマンは「家族と相談して入隊を決めた。急に入隊することになり、ファンに申し訳ない。軍服務を無事に終えて帰ってくる」と伝えた。

スポンサーサイト

スポーツ

こっそりとは埋められなかったのか、わざと見せ付けたのか。
そのまま埋まっていれば面白かったんですけどねえ。数十年後に取り壊すことになって床下から伝説のTシャツ発見、みたいな感じで。

“呪いのユニホーム”新球場床下から発見
4月15日7時1分配信 スポーツニッポン
 伝統の一戦に新たな“因縁”を持ち込んだ噂は本当だった。ヤンキースは12日、建設中の新ヤンキースタジアムに「埋め込んだ」と言われたレッドソックスのユニホームを見つけた。作業員が球場内のレストラン予定地を5時間ドリルで掘ったところ、コンクリートの床下約60センチにレ軍オルティスの背番号入りユニホームを発見。当初は無視を決めていたレビン球団社長はこの日「物を床下に埋める行為自体、良くないことだから放っておこうと思ったが、悪事をはたらいた人間を称えることになると考え、捜し出した」と説明した。
 この事件は11日の地元紙ニューヨーク・ポストが、レ軍のTシャツがビジタークラブハウス予定地に埋められたという目撃情報があると報道したことが発端。「レ軍を呪(のろ)うためにやったのでは」との仮説も持ち上がったが、真相はレ軍ファンで工事の作業員として働いていた46歳のジノ・カスティノーリ氏が昨夏、ヤ軍に呪いをかけるため埋め込んだ。発見されたユニホームはボストンのチャリティー寄金にヤ軍のTシャツとともに寄贈予定だ。

スポーツ

トリップ・アイゼンアワーというアメリカのプロゴルファーが75ヤード先の鷹をゴルフショットで仕留めたんだそうで。
動物虐待の罪に問われるんだとか…。

米ゴルフの男子プロがショットでタカ殺し 動物虐待の罪で告発
 ゴルフのショットでタカを故意に狙って殺したとして、男子プロのトリップ・アイゼンアワー(米国)が動物虐待などの罪で告発されたことが6日までに分かった。
 ゴルフ場でテレビ番組を収録中にタカが騒いだため、75ヤードの距離から当てたという。本人は声明を出し「単に脅して追い払おうとしただけ」と釈明している。

スポーツ

背景にマクラーレンでのドライバー同士の対立があるようです。
アロンソとハミルトンが対立してマクラーレンを追い出されたのが原因なんだとか。
原因がそれにしても、人種差別が出てくるところがいかにも白人らしい発想ですね。

F1黒人ドライバー、ハミルトンに人種差別的行為=アロンソとの対立などが背景
2月5日10時31分配信 時事通信
 自動車レースのF1世界選手権シリーズの今季開幕を前にして、マクラーレン・メルセデスの黒人ドライバー、ルイス・ハミルトン(英国)に対するスペインでの人種差別的行為が騒動を巻き起こしている。
 マクラーレンは今週、スペイン・バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットでテストを実施しているが、スタンドにはハミルトンを人種差別的に中傷するような行為や横断幕が多く見られた。問題を重視した国際自動車連盟(FIA)は警告を発すると同時に、スペイン・グランプリを開催する同サーキットに何らかの処分を検討する姿勢を示した。
 問題の背景には、スペイン・スポーツ界で屈指のスターのフェルナンド・アロンソ(現ルノー)が昨季加入したマクラーレンでハミルトンやチーム首脳と対立、在籍1年で離脱に追い込まれたため、ファンの反発を呼んだことが挙げられている。英メディアでは、スペイン国内でサッカーなどでも黒人選手に対する差別的行為が過去に多く存在しているとの指摘もある。
 ハミルトンは、「スペインでは温かく迎えられているし、特にバルセロナは好きな場所。だが、本当のところ(今回の件で)寂しい思いをしている」と心ないファンに胸を痛めている。

スポーツ

ベッカムが飲んだ飲みかけコーラー入りボトルが2800ユーロ≒45万円で落札されたそうです。
正確には食べ残しではなく、ボトルに価値があるんでしょうね。

ベッカムの食べ残しがオークションで落札
12月6日11時56分配信 スポーツナビ
 オークションサイト『トレード・ミー』に出品されたのは、半分になったコカコーラのボトル(入札額は2800ユーロ/約45万円)、半分かじられたトウモロコシ(入札なし)、地面に落ちたポテト(入札1.5ユーロ/約241円)。出品者によれば、商品は本物で、DNA検査を経たものだそうだ。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。